函館・むすびば通信

東日本大震災支援ネットワーク

*函館・むすびばは、北海道NPOファンドからの助成を受けて活動しています。
他、多くの方々のご支援・ご協力をいただきまして、ありがとうございます。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 福島の子どもたちとチョコレート(ミニ講演会)
佐藤真紀氏ミニ講演

3月24日(月)18:30〜
小春日和(函館市八幡町18−18)にて

チョコ募金の生みの親である佐藤真紀さんのミニ講演&交流会
チョコに込められた命への想いを語ります

佐藤真紀さんプロフィール
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)事務局長
青年海外協力隊でイエメンに赴任後内戦に巻き込まれて避難。
その後、シリアに振り替え派遣。
工業省で化学分析技術を指導する傍ら国営テレビの人気ドラマ「アブル・ハナ」に日本人役で出演し話題に。
パレスチナで国連ボランティア、JVCパレスチナ事務所代表をつとめた。
2002年からイラクにかかわり、イラク戦争では、緊急救援を指揮
2004年イラク医療支援ネットワークを立ち上げ白血病の子どもたちの支援開始
2011年から福島支援開始
2012年からシリア難民支援開始
2011-2013学習院大学非常勤講師

*フォーラム参加は無料
定員20名
飲み物は別途料金がかかります

お問い合わせ
電話 080-5589-5285(ふるおか)
FAX 0138-83-7721
mail musubiba@gmail.com
| - | - | 20:11 | category: 活動内容について |
# チョコ募金開始!取り扱い場所増えました!
イラク・福島・シリアのこどもたちへのチョコ募金

2014年のテーマ「命・絆ぐるぐる」
チョコ募金2014
取り扱い店
函館YWCA(函館市松陰町1−12)
函館市青年センター(函館市千代台町27番5号)
函館市地域交流まちづくりセンター内cafe Drip Drop(函館市末広町4番19号)
小春日和(函館市八幡町18番18号)
(他にも依頼・お届け中です。随時更新)

チョコ募金とは?
JIM-NETのホームページを見る
JIM-NETスタッフブログを見る
| - | - | 09:58 | category: 活動内容について |
# NHK自主避難者アンケートをおくりました
先日NHKからメールが来ました
メールの一部を下記、赤字で掲載します

NHKでは、原発事故から3年を迎えるのを前に、
福島県内からのいわゆる自主避難の方々
(避難区域以外の地域から別の地域へ避難されている方々)
を対象とするアンケートを実施したいと考えています。
このアンケートは、
自主避難者の暮らしの現状や気持ちの変化などをお伺いすることで、
課題や必要な支援内容などを分析し、
今後の対策を検討することが大切であると考えて企画しました。

実施にあたり、このアンケートを全国の支援団体様や当事者団体様を通して、
避難者の方に配布できないかと考えています。
もし、函館・むすびば様と関わりのある福島県からの自主避難者の方がおひとりでも、
いらっしゃる場合、用紙をお渡しいただくことはできませんでしょうか?


函館・むすびばとして協力することを決め
本日、福島から来ている方に発送させていただきました

ご協力いただける方は、アンケート用紙に記載の上、同封の返信用封筒にて投函していただければ幸いです
よろしくおねがいいたします
| - | - | 18:46 | category: 活動内容について |
# 支援法北海道フォーラム報告

★【開催報告】支援法北海道フォーラム〜北海道が切り開く原発事故後の未来〜

<開催報告> 

支援法市民会議では、北海道の皆さまのご協力により『支援法北海道フォーラム』を開催しました。

当日は北海道各地から原発事故により避難・移住されている方々、市民の方々、そしてメディアの方々100名以上にご参加いただきました。

Download
北海道フォーラム報告書
131115北海道フォーラム報告書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [1.6 MB]
ダウンロード

日 時

20131115日(金)13301700

場 所

北海道クリスチャンセンター大ホール

主 催

原発事故子ども・被災者支援法市民会議

協 力

札幌むすびば、みちのく会、ようこそあったかい道、福島の子どもたちを守る会・北海道、NPO法人北海道NPOサポートセンター、北海道NPO被災者支援ネット、社会福祉法人札幌協働福祉会、コープ札幌、北海道YMCA、ピーチハート

後 援

北海道、札幌市、福島県北海道事務所、札幌弁護士会



*原発事故子ども・被災者支援法市民会議のホームページをコピーしております
市民会議ホームページはコチラ
| - | - | 20:04 | category: 活動内容について |
# 復興 あのとき。これから。

ついに最終回!!

むすびば ミニ・フォーラム 「函館流、支援のつくりかた」 〜ここから。これから。〜

テーマ「復興 あのとき。これから。」が行われました。

講師は奥尻町観光課の満島章さんと、奥尻町観光協会の佐野由裕さん。
奥尻町のPRは控えめに(もっとやってよかったのに!)、
1993年7月12日22:17 北海道南西沖地震発生から振り返りながら、
1998年の完全復興宣言、さらなる災害に備えて取り組んできた事が紹介されました。

奥尻町のホームページでも、震災対策・復興のことなど紹介されておりますので ご覧ください。
http://www.town.okushiri.lg.jp/

満島氏

わたしたち、函館・むすびばが、
福島の子どもたちに「あたりまえの夏休み」をすごしてほしいと企画した、
昨年の受け入れは、奥尻町の協力があってこそのものでした。

満島さんは、福島では外で遊べない子どもたちに、
「(日焼けして)真っ黒になってもらいたかった」と当時を振り返り、
福島に行ったときに再会を果たしたことを紹介しておりました。

佐野氏

奥尻では海外を含め、年間1000人もの視察を受け入れているそうです。

また、防災学習推進プログラムとして
函館のラ・サール高校の研修旅行を受け入れ、
防災ロールプレイ、避難所体験などを行っています。

さまざまな経験をすることで、いざという時どのように行動するのか。
迅速な判断がせまられた時どうするのか。
もちろん、高校生だけではなく、いろんな人に考えてほしい話をたくさん聞くことができました。

三回のミニフォーラムを終えて、
出された意見・要望などをふまえ、今後の活動について考えていきたいと思っています。

それぞれ講師を引き受けていただいた方々、
参加されたみなさん、本当にありがとうございました。

今後もご協力をお願いいたします。

| - | - | 22:57 | category: 活動内容について |
# 支援 今から。ここから。
 函館流!「支援のつくりかた」 〜ここから。これから 〜
連続フォーラムの第二回目を行いました

テーマは「支援・今から。ここから。」
東日本大震災市民支援ネットワーク 札幌むすびば事務局長の東田秀美さんを講師に迎え
約2時間、講演と交流が行われました。

講師東田秀美さん

講師からは札幌むすびばを中心に、これまでの活動の内容が話されたあと、
今後どのような活動をしていくのかを語っていただきました。

現在の札幌むすびばコンソーシアムのイメージ図↓
札幌むすびば組織図

札幌むすびばは写真(上)のように、組織があつまって札幌むすびばという組織をつくっていて、
各組織がだいたい20名ずつ所属し、2名ずつ参加してもらう札幌むすびば運営委員会で、
活動状況はどうか、お金の使い方などを決めている。とのこと。

必要とされている支援、避難者側・支援側両方の状況の変化などがある。
そこで今年2月くらいから検討し、札幌むすびばは来年3月で解散することにしたそうです。



もちろん解散後も継続する活動もあること
あらたに必要とされるであろう支援などを話してくださいました

東田さんの話をふまえて、函館・むすびばがどうしていくのか。
函館で活動している支援団体と、どんな話をしていくのか。
考えることがたくさんあります。
上の写真にもあるとおり「どんな支援が必要かを常に考え、整備するイメージで行動」!!!

参加者は、新聞を見てきてくださった方や、被災者、市役所の方も来ていただきました

フォーラムの最後に少し時間をいただいてサプライズ
この日(10月5日)、誕生日をむかえた、函館・むすびば丸藤競代表にケーキとプレゼントを
宮川友里副代表から送りました。

誕生ケーキフーーー

ケーキは参加者のみなさんにも食べてもらいながら(丸藤本人が配っていたのがウケました)
16時の終了後も、約一時間、講師と参加者の交流は続いておりました

そして函館・むすびばの新メンバーも誕生しました!ウレシイーーー!!
| - | - | 22:28 | category: 活動内容について |
# 防災・現場から考える、私にできること
 函館流!「支援のつくりかた」 〜 ここから。これから。 〜
連続フォーラムの第一回目を行いました!

今回のテーマは「防災・現場から考える、私にできること」
函館・むすびば代表で、公益財団法人さわやか福祉財団釜石復興支援リーダーの丸藤競を講師に、
ワークショップをメインに対話形式で、あっというまの2時間でした

講師丸藤競

ワークショップでは・・・

あなたはボランティアセンターの責任者です。
ボランティアセンターでは記録のために活動写真を撮っている。
本日、地元の人から「勝手に写真を撮るな」とセンターに苦情がきた。
⇒今後も撮影を続ける?・・・ Yes(続ける) or No(やめておく)

あなたは母親です。
大地震後、小学校へ行っている我が子を迎えに行くが、
途中で人が生き埋めになっているのを発見。
他に人はいない。しかし、我が子も気になる。
⇒まず目の前の人を助ける?・・・ Yes(助ける) or No(我が子優先)

などの質問がだされ、張り出した模造紙にそれぞれ理由を書きます

Yes or No

Noが一人だけ!というのもありました

どちらが正しいかを決めるのではなく、少数意見にも大切なことがあること。
いろいろな場面を想定していて「そんな状況もありえるよね!」と気付かされます。

ミニフォーラム

最後に講師から函館や周辺市町村の、予想人口・年齢構成が示され
高齢者、特に単身者が多くなると予想されるなか、災害がおきてしまったときどうするのか。
防災・減災を考え、どんな社会のつながりをつくるのかなど、問題提起も含め話しがありました。

人口予想

模造紙に書かれた参加者の意見(理由)への質問などが出されたり
講師の話をもっと聞きたいなど、話が尽きないミニフォーラムとなりました

2回目は10月5日(土)14:00〜16:00 場所:小春日和(八幡町18−18)
ぜひお越しくださいませ。
| - | - | 20:57 | category: 活動内容について |
# 寄付させていただきました
 これまで函館・むすびばに寄せていただいた募金などの一部を
被災者こども安心基金(http://www.kodomo-anshin-kikin.org/)へ
寄付させていただきました

被災者こども安心基金(鈴木明広代表)は
6月から甲状腺検査などの医療費を一人あたり3500円
内部被ばくを把握できる尿検査費用を一人あたり18900円助成する活動を始め
これまでに約160万円が寄せられ
医療費11人、尿検査19人分を助成しています

活動継続のため、引き続き寄付を募っておりますので
ご希望の方は同基金ホームページをご覧いただければとおもいます

13.07.05北海道新聞

13.07.06函館新聞
| - | - | 12:27 | category: 活動内容について |
# 一緒に大盛り上がり!
 昨日の続きです

うにまるくんお出迎え

奥尻港では「うにまる」くんが出迎えてくれました

ビンゴ大会
代表撃沈

ビンゴ大会(代表撃沈!!)

ワイン

奥尻ワイン
奥尻特産のアスパラとイカの炭火焼も振舞われましたよぉ

抽選会は勝利!

抽選会では「島で生まれ、島が育てたワイン」をゲットです
飛行機のチケットをゲットした方もいらっしゃいます

豪華!!

司会の石井さん

しまびらき司会は、ご存知 北海道文化放送 石井雅子アナウンサー

KASUMI

江差町在住のシンガーソングライター KAZUMIさんの歌声に聞き惚れました

おくしり尻ふり音頭

名物「おくしり尻ふり音頭」

ホッケ入り三平汁

ほっけが入った三平汁
地元の中学生もお手伝いして配ってくれました

もちまき

最後はもちまき
とっても盛り上がりましたよぉ〜

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:34 | category: 活動内容について |
# 出航!
 出航なう

江差港から無事出発!
写真右に見えるのは鴎島
左側にある屋根がオレンジ色の建物は開陽丸青少年センター
その間にあるのが復元された開陽丸ですね

揺れる揺れる揺れる (T_T) 

(写真とコメントのほとんどは、同行している代表の投稿からのもの)
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:35 | category: 活動内容について |
Facebook
Comments
Mobile
qrcode
週刊天気予報
Search this site
Sponsored Links