函館・むすびば通信

東日本大震災支援ネットワーク

*函館・むすびばは、北海道NPOファンドからの助成を受けて活動しています。
他、多くの方々のご支援・ご協力をいただきまして、ありがとうございます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 4/29 交流会『むすびば』 〜市議会議員に思いを伝えよう〜 | main | 支援金受付 >>
# むすびば交流会4月29日



2012年4月29日、むすびば交流会を行いました
今回は函館で暮らしているみなさんの声を、
市議会議員におこしいただいて直接聞いてもらおう!
という内容でした。

呼びかけにこたえていただいた函館市議会議員は
工藤篤さん、工藤恵美さん、紺谷克孝さん、藤井辰吉さん、本間勝美さん、
道畑克雄さん、見付宗弥さん、茂木修さん、です。(五十音順)

福島県から来ている方から
「明るい希望と思っています」
「出された意見が、ひとつもかなわないということがないようにお願いします。」

「ここに来ても原発。とめなくちゃ。」
「子どもは知識ない、大人の判断で左右される。」
「最低5年の住宅援助を。」
「雇用・北海道の厳しい状況の中で、どう創設していくのか。」
「広島、長崎原爆経験から被爆者手帳を。」
「北海道で生きていこうと考える人をふやして。」
「保育園、幼稚園料がうちきられる。」

などなど、要望意見がたくさんだされました。

それに対して市議会議員のみなさんから
医療費、保育料、就学援助、国保料などで、減免ができないか。
福島県で18歳未満の子どもに連絡がきている、甲状腺検査について函館で受けられるようにできないか。
給食の食材チェックの強化
・・・・について、検討していきたい。とのことでした。

ひとつでも実現できるように期待しています!

また「要望書を出してほしい」と市議からありましたので
今後、話し合って出せるようにしたいです!

今回、市議会議員は全会派から参加していただきました

函館に来ているかたは5人

またボランティアグループはこぼーさんにも参加していただきました

みなさんありがとうございます

交流会は5月も予定しておりますので、よろしくおねがいします(内容検討中です)。

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:38 | category: 交流会「むすびば」 |
# スポンサーサイト
| - | - | 21:38 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://h-musubiba.jugem.jp/trackback/31
トラックバック
Selected Entry
Facebook
Comments
Mobile
qrcode
週刊天気予報
Search this site
Sponsored Links