函館・むすびば通信

東日本大震災支援ネットワーク

*函館・むすびばは、北海道NPOファンドからの助成を受けて活動しています。
他、多くの方々のご支援・ご協力をいただきまして、ありがとうございます。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 新聞記事から | main | 奥尻に行ってまいります! >>
# 函館・むすびば会則

 函館・むすびば 会則

第1章 総則

(名称)
第1条 本会は、函館・むすびば と称する

(目的)
第2条 本会は、東日本大震災及び福島原発事故のため被災を受けた方の支援をすること
で、一人でも多くの被災者の支えになり、一日も早い復興を実現することを目的と
する。

(所在地)
第3条 本会は、当面の間、函館市地域交流まちづくりセンター内(函館市末広町4番1
9号)に置く。

(事業)
第4条 本会は、上記の目的を達成するために以下の事業を行う。
 函館および近郊に避難している被災者に対する各種相談対応や支援
 函館および近郊に避難している被災者支援のための、NPO間の情報共有・連携の促進
 函館および近郊に避難している被災者への情報提供
 函館および近郊に避難している被災者同士の交流促進および居場所づくり
 函館および近郊に避難している被災者と、市民・支援者・自治体・企業・教育機関・文化機関・福祉機関及び関連機関等との協力および連携促進
 支援者およびボランティアへの支援および情報提供
 支援者およびボランティアが効果的に支援活動を行うための各種支援
 被災者の函館および近郊への避難受入または一時避難支援
 その他、目的を達成するために必要な事業

(行動原則)
第5条 本会は、以下の原則に則って行動する。
 本会は、支援活動をより効果的・適切に行えるようチーム制をとり、相互の連携・連絡を図りながら活動していく。
 本会は、東日本大震災および福島原発事故という緊急事態への即応と復興のための活動をするものであり、目的達成のために、組織や事業は柔軟に見直していくことができる。
 本会は、特定の政党および政治家、特定の個人および団体の利益のために活動するものではない。

第2章 会員等

(会員)
第6条 本会の趣旨に賛同し、入会を希望する個人または団体は、事務局への申し出によ
   り一般会員または協力会員および賛助会員になることができる。
 一般会員:活動の連絡調整及び運営全般に関する活動を行う者。
 協力会員:必要に応じて、チームとして個々の支援活動を主体的に行う者。
 賛助会員:本会の趣旨に賛同し、資金面での協力や人的・物的協力を表明して
 いる者。

第7条 会員となるための費用(会費)は要しない。

(除名)
第8条 会員が、次のいづれかに該当するときは、代表は、会の議決を経てこれを除名す
ることができる。
 法令、本会の会則に違反したとき。
 本会の名誉を毀損し、または本会の目的に反する行為をしたとき。

第3章 機関

(役員)
第9条 本会には、次の役員を置く。
(1)代表   1名
(2)副代表  1名程度
(3)会計   2名程度
(4)監査   1名以上2名以内

第10条 代表は、本会を代表し、その業務を総括する。

第11条 副代表は、代表に事故等があったとき、その職務を代行する。

第12条 監査は、会議に出席し、意見を述べることができる。

(任期)
第13条 役員の任期は1年とし、再任を妨げない。

(会議)
第14条 本会運営のために、代表の招集により、必要な会議を開催する。

(チーム)
第15条 本会運営の目的達成のため、必要なチームを置くことができる。
  チームの構成および事業、運営等に関しては、必要に応じて会議で定める。

第4章 会計および事業年度

(会計)
第16条 本会は、寄付金および事業収入、助成金・補助金等で運営することができる。

第17条 本会の事業計画および収支予算は、代表が作成し、会議で了承するものとする。

第18条 本会の事業報告および決算報告は、代表が事業年度終了後作成し、会議の了承
を得なければならない。

第19条 本会の事業年度は、毎年4月1日にはじまり、翌年の3月31日までとする。

第5章 雑則

(残余財産の帰属先)
第20条 本会が解散の際有する残余財産は、会議の議決を経て選任された団体に寄付す
ることとする。

(事務局)
第21条 本会は、事務を処理するため事務局を置く。
  事務局を統括するために、事務局長を置くことができる。
  代表または 副代表が事務局長を兼務することを妨げない。
  事務局の組織および運営に必要な事項は、代表が別に定める。

(細則)
第22条 この会則の施行について必要な細則は、代表が別に定める。

附則
1 本会の設立を、2011年5月1日とする。
2 この会則は、2011年5月8日から施行する。

| - | - | 12:05 | category: 函館・むすびば会則 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:05 | category: - |