函館・むすびば通信

東日本大震災支援ネットワーク

*函館・むすびばは、北海道NPOファンドからの助成を受けて活動しています。
他、多くの方々のご支援・ご協力をいただきまして、ありがとうございます。
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# おしらせ 10月25日イベント
10月25日(金)、まちづくりセンターを会場に 
大阪でホームレスと放置自転車の課題解決を目指し活動している
現役女子大生で社会起業家の川口 加奈さんを講師に迎え
「地域を幸せにしていくためには、どのようなことが必要か?」を考えます。
 
川口加奈さんと出会い、語ることで 自分と函館を素敵にかえちゃいましょう!
 
函館をソーシャルデザインしちゃおう!
~HUBchari 女子大生 川口加奈と未来を語る~
チラシはこちら
 
日時: 2013年10月25日(金) 14:30~17:00
 
場所: 函館市地域交流まちづくりセンター(函館市末広町4-19)
 
参加費: 無料
 
申込み先: 0138-22-9700(函館市地域交流まちづくりセンター内 担当:丸藤)
 
主催: NPO法人 NPOサポートはこだて
 
問合せ先 0138-22-9700(函館市地域交流まちづくりセンター内)
| - | - | 10:41 | category: 函館情報 |
# おしらせ 10月26日イベント
10月26日(土) 川口加奈さんが講演を行う
 
幸せの地域デザイン学
「貧困から地域力を考える~幸せのつくり方~」
が青年センターで行われます。
チラシはこちら
 
日時: 2013年10月26日(土) 13:30~17:00
 
場所: 函館市青年センター(函館市千代台町27-5)
 
参加費: 一般 500円 / 学生 200円【学割価格】 (高校生以下無料、キッズコーナーあり)
 
チケット取扱い: 函館市地域交流まちづくりセンター内 cafe Drio Drop 、函館市青年センター、中島れんばいふれあいセンター
 
問合せ: HUBchariから地域力を考える函館プロジェクト (自立支援センター茜内)電話 0138-34-6611 
 
主催: HUBchariから地域力を考える函館プロジェクト(はぶちゃりプロジェクト)
| - | - | 10:37 | category: 函館情報 |
# お知らせ 10月6日イベント
10月6日(日)14:00〜16:00
「放射能健康被害の現状と対策」
講師 木下黄太 氏
場所 北海道教育大学函館校 7号館第14講義室
資料代 500円
主催:道南内部被曝を学ぶ会・福島避難者ネットワーク函館
| - | - | 10:33 | category: 函館情報 |
# 防災・現場から考える、私にできること
 函館流!「支援のつくりかた」 〜 ここから。これから。 〜
連続フォーラムの第一回目を行いました!

今回のテーマは「防災・現場から考える、私にできること」
函館・むすびば代表で、公益財団法人さわやか福祉財団釜石復興支援リーダーの丸藤競を講師に、
ワークショップをメインに対話形式で、あっというまの2時間でした

講師丸藤競

ワークショップでは・・・

あなたはボランティアセンターの責任者です。
ボランティアセンターでは記録のために活動写真を撮っている。
本日、地元の人から「勝手に写真を撮るな」とセンターに苦情がきた。
⇒今後も撮影を続ける?・・・ Yes(続ける) or No(やめておく)

あなたは母親です。
大地震後、小学校へ行っている我が子を迎えに行くが、
途中で人が生き埋めになっているのを発見。
他に人はいない。しかし、我が子も気になる。
⇒まず目の前の人を助ける?・・・ Yes(助ける) or No(我が子優先)

などの質問がだされ、張り出した模造紙にそれぞれ理由を書きます

Yes or No

Noが一人だけ!というのもありました

どちらが正しいかを決めるのではなく、少数意見にも大切なことがあること。
いろいろな場面を想定していて「そんな状況もありえるよね!」と気付かされます。

ミニフォーラム

最後に講師から函館や周辺市町村の、予想人口・年齢構成が示され
高齢者、特に単身者が多くなると予想されるなか、災害がおきてしまったときどうするのか。
防災・減災を考え、どんな社会のつながりをつくるのかなど、問題提起も含め話しがありました。

人口予想

模造紙に書かれた参加者の意見(理由)への質問などが出されたり
講師の話をもっと聞きたいなど、話が尽きないミニフォーラムとなりました

2回目は10月5日(土)14:00〜16:00 場所:小春日和(八幡町18−18)
ぜひお越しくださいませ。
| - | - | 20:57 | category: 活動内容について |
# 函館・むすびば流!「メンバー募集」
東日本大震災支援ネットワーク 函館・むすびばでは
現在、新メンバーを大募集中です!

メンバー募集
こちらからPDFでご覧にいただけます

「私たちにできることを、みんなで考えています。」

月一回のミーティングをしています

参加できるときに来ていただくだけでOKです!
欠席の時は議事録をメールで送っています

はじめは何もわからなくていいので、気軽にきてね!
一緒に支援ってなんだろう?って考えましょう!

お問い合わせ・お申込み
電話:080−5589−5285(事務局ふるおか)
FAX:0138−83−7722
メール:musubiba@gmail.com
| comments(0) | - | 19:48 | category: 会議の様子〜今後の予定案など〜 |
# 震災から2年半

東日本大震災から2年6カ月となる9月11日の北海道新聞記事です

ボランティア団体「はこぼー」さんが提案・呼びかけをおこなっている
被災者支援団体協議会設立にむけた記事です

福島避難者ネットワーク函館の鈴木明広代表への取材記事も掲載されています

支援7団体が協議会

函館・むすびばとしても積極的に参加し
今後予定しているミニフォーラムで話されたことや経験を活かして
よりよい協議会になるようにがんばります

写真の記事をPDFでご覧いただけます

| - | - | 09:56 | category: 函館情報 |
# むすびばミニフォーラムのチラシです
ミニフォーラムチラシ

このブログの9月5日「むすびばミニフォーラム開催のお知らせ」でご紹介した記事のチラシが完成しました!

参加者募集中です!お知り合いにもお知らせくださいませ。

こちらからPDFでご覧いただけます

| - | - | 14:23 | category: 会議の様子〜今後の予定案など〜 |
# 函館市臨時職員募集
函館市が避難者対象に職員募集しております

以下、転載

�・東日本大震災により函館市へ避難されている方へ�・
函館市臨時職員募集のご案内函館市では,東日本大震災により被災され,避難生活を余儀なくされている方々を対象に,臨時職員として就業していただく方を募集します。

1 対象者条件東日本大震災により被災され本市へ避難されている方,または福島第一原子力発電所事故の影響により本市へ避難されている方で,平成25年10月から無職で,今まで函館市臨時職員に採用されたことがない方

2 募集職種・人数臨時職員(地方公務員法第22条第2項に規定する臨時的任用)1名

3 雇用期間平成25年10月1日から平成26年3月31日まで

4 業務内容一般事務補助

5 勤務条件
ゞ侈各数週5日間(月曜日�・金曜日)
勤務時間午前8時45分から午後5時30分
D其眛額6,590円(1か月131,800円) 
つ牟佝餠侈海靴殖影につき,日額400円(通勤距離片道2勸幣紊把牟个里燭瓩妨鯆無ヾ愿を利用した場合)
ゼ匆駟欷鰻鮃保険,厚生年金保険,雇用保険に加入Χ侈害媾蟷毀鮟衙楪舎

6 申込方法等
(1)提出書類・履歴書・免許証(写)や住民票(写)等,対象者(震災による避難者)であることを確認できる書類
(2)受付期間平成25年9月9日(月曜日)�・9月24日(火曜日)郵送の場合,9月24日必着
(3)受付時間平日(月�・金)午前8時45分�・午後5時30分
(4)受付場所〒040−8666函館市東雲町4番13号
函館市総務部総務課電話0138−21−3677(直通)
(5)面接日平成25年9月下旬

7 選考方法面接を行い,適正等を判断のうえ採用の可否を決定します。

8 お問合せ先函館市総務部総務課担当者:金指(かなさし)
電話0138−21−3677
(直通)Eメール:bousai@city.hakodate.hokkaido.jp    
| - | - | 10:22 | category: 函館情報 |
# JAL機体見学ができる!
 9月14日(日)10:00〜15:00
函館エアポートフェスタ in函館空港特設会場がおこなわれます

抽選になりますがJAL機体見学ができる!(抽選券配布は10:30〜11:30)

フライトシュミレーションゲーム体験、制服を着てのKid's記念撮影会などなど
子どもと一緒に楽しめそうな企画がいっぱい!

詳しくは函館空港ホームページをご覧ください

むすびばが関わっているわけではありませんが
情報として紹介させていただきました
| - | - | 13:18 | category: 函館情報 |
# 函館西署防災パネル展
 行ってきました
場所は函館西署の入ってすぐ、玄関フード(と言っていいのか)に設置されております

防災パネル展防災パネル展防災パネル展

東日本大震災
忘れてはいけないこと・・・だけど、少し薄れてしまっていたと感じました

函館・むすびばとして、連続ミニフォーラムを機に
あらためてわたしたちにできることを考えたいと思います




災害に関するパンフレットなども置いてありました
写真の右側のパンフレットは気象庁のホームページからご覧になれますよ
いろいろなパンフレットが発行されているのですね
| - | - | 15:00 | category: 函館情報 |
Facebook
Comments
Mobile
qrcode
週刊天気予報
Search this site
Sponsored Links