函館・むすびば通信

東日本大震災支援ネットワーク

*函館・むすびばは、北海道NPOファンドからの助成を受けて活動しています。
他、多くの方々のご支援・ご協力をいただきまして、ありがとうございます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 奥尻に行ってまいります!
 

奥尻島で、恒例「しまびらき」イベントが、本日行われます。

今回、その「しまびらき」に、福島から避難している御家族(最大5組)を奥尻町がご招待することになり、快晴とはいきませんでしたが、無事フェリーは出航しました!今日・明日の日程は以下のとおりです。

 

5月1日(水)「しまびらき」では、

・奥尻三平汁や甘酒、美味しい旬のもの 振る舞い

・島ビンゴ大会

・江差追分チャンピオンで江差出身の歌姫 KAZUMIミニライブ

・しりふり音頭体験

・島風餅まき

・お楽しみ抽選会   その他楽しいイベントがあります

 

5月2日(木)

  奥尻島一周観光や勾玉つくり、釣り体験なども予定されています。

 

(いずれも天候等の都合で、変更の場合あり)

<内容>

5月1日  
   7:00 函館市地域交流まちづくりセンター出発

  〜バスにて、江差フェリーターミナルへ移動〜
  9:30発の ハートランドフェリーに乗船・奥尻へ
 11:40  奥尻着

   昼食(奥尻海洋研修センター)

14:00  しまびらき会場入り

14:30  しまびらきスタート

 

  終了後、各宿泊施設へ送迎

  
5月2日  朝、各宿泊施設より送迎。

  フェリーターミナル集合。

  バスにて島一周観光・勾玉つくりや釣り等の体験。

         (天候の都合等で変更の場合あり)

16:05発の  ハートランドフェリーに乗船 江差へ   

18:15江差着

 

20:00頃  函館市地域交流まちづくりセンター着

 

 ・天候の状況により、予定が変更する場合もあります。予めご了承ください。

| comments(0) | trackbacks(0) | 09:00 | category: 活動内容について |
# ご寄付ありがとうございます
函館方面遊戯業協同組合さまよりご寄付100万円いただきました

3月31日に光金守弘理事長が
函館むすびば代表の丸藤のところまで訪ねてきていただきました

今年も福島県の家族を函館に招いて
夏の一時保養を予定しています。
その資金として使わせていただきます!

本当にありがとうございました


ご寄付ありがとうございます
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 02:25 | category: 活動内容について |
# 再会
 2011年、夏休みを利用して福島から函館に来てくれた家族があつまりました
(どこで集まったのだろうか・・・たみ子さん、これ見てたら教えてください・・・)

宿泊先の手配などで、ものすごく力を貸してくれたたみ子さんが呼びかけ、集まってくれたそうです

以下、たみ子さんの投稿

集合!!


郡山、福島、いわきから集まってくれました♪
残念ながら、数家族がインフルエンザで…(;_;)
急遽来られなくなってしまいましたが、電話でお話もできました!
また、再会を約束して!
みんなありがとう♪

写真

みんなで写真を観ています〜!
| comments(1) | trackbacks(0) | 11:00 | category: 活動内容について |
# 2012年3月11日
ポスター

東日本大震災から1年を迎える11日
復興支援を目的に活動する市民団体
「函館ハート・プロジェクト」が
(呼びかけ人の大野さんは、函館むすびば副代表でもあります)
金森ホール(函館市末広町)などでイベントを行います

函館むすびば副代表

「函館からのおくりもの」

テーマは「3・11を忘れないために」

福島のイベント会場と函館を中継映像でつなぐ交流会や
函館で津波被害のあった地区をキャンドルをもって歩く追悼行事も行います

3部構成

1部は午前10時から
フラメンコや子ども向け化学実験教室
市内の飲食店なども出店
笑顔の写真をタイムカプセルに収めるコーナーもあります

2部は地震発生時刻の14:46黙とうで開始
郡山市の仮設住宅で開くイベント会場と交流する

17:00からキャンドル点灯ウォーク
函館朝市から金森赤レンガ倉庫まで歩く

3部は18:00から
地元DJが出演するライブで
若い人にも復興支援について考えてもらう

広告 

参加費無料
22:00まで開催
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:04 | category: 活動内容について |
# それが私の願いです
この間、交流会「むすびば」に参加していただいている方にお願いし
メッセージを寄せてもらいました。
今後、函館に避難して来ている方の思いを寄せていただき
紹介していきたいと思っています。

交流会「むすびば」に参加させていただいております。

私は昨年4月に、自ら避難しようと決め、函館に暮らし始めました。

むすびばの皆さま、ボランティアの皆さまには、
いつもあたたかい雰囲気の中で、心で支援して下さっている函館のやさしさを感じます。
ありがとうございます。

3.11で私たち福島県民の運命は大きく変わりました。
いえ、もしかしたら原発を受け入れてしまった40年前にこうなることは、
決まっていたのかもしれません。こうなる運命だったのかもしれません。

私が今一番つらいのは、福島のおいしいお米、果物、野菜が汚染されてしまったことです。
そして汚染された土地に作物を作れば、汚染されたものが収穫されるのは、
誰でもわかることなのに、何者かに作らされているという現実です。

私は子どもを守るために函館にやってきたので、
汚染されているだろう疑わしいものは避けています。
でも、その行為は福島産を避けているということです。
作れば流通し、いつか誰かが食べる。

なぜ、補償しないのだろう。なぜ、賠償しないのだろう。

私たち福島県民は、けなげにいつものように暮らしていた。
そこに放射性物質を降らせたのは誰なの?
なぜ、詫びないの?
なぜ、子どもたちを放置するの?
知らんぷりして、原発を維持しようとしているのは誰なの?

日々、怒りと絶望と…重い荷物を背負ってしまいました。
それでも、子どもは毎日成長し、函館の学校で楽しく過ごしている!
この子たちを無事大人にすることが、母として私に課せられた仕事だ!
これが大きな支えになっています。

福島に残る全ての子どもたちを、一日でも早く安全な場所へ。それが私の願いです。



| comments(0) | trackbacks(0) | 08:42 | category: 活動内容について |
# みなさまへ
 皆様へ


  函館は、小春日和が嬉しい季節になってきました。
皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

このたび、交流会『むすびば』のご案内をお送りいたしました
「函館・むすびば」と申します。よろしくお願いいたします。

  私たち「函館・むすびば」は、
東日本大震災で被災されたかたを支援するため、
今年の5月に設立いたしました。

これまでは、「あたりまえの夏休み」と題し、
夏休みの1ヶ月間、福島からの親子58人を受入れる活動等を行ってきました。
他にも、もっと多くの支援活動を行いたかったのですが、
皆様に対して満足な支援活動を行えなかったことを深くお詫びいたします。

  それを踏まえ、
今後は、現在函館にお住まいになっている皆様への支援を
強化していくことにいたしました。
そこで、まずは、皆様の交流の場づくりを行いたいと考えています。
各地から函館に来られている被災者の皆様が
互いに顔見知りになり交流できる場をつくることで、
また、支援活動をしている私達と互いの顔が見える関係になることで
支えあいの力をつくりあげていきたいと思っています。
  
  交流会『むすびば』は、11月12日(土曜日)の午後に相応しく
気軽に参加できるものにいたします。
お茶なのど飲み物と、簡単なお菓子類をご用意いたします。
「函館・むすびば」スタッフをはじめ、
函館で被災者の皆さんへの支援活動を行っている方も参加いたします。
この機会に、ぜひご参加くださいますようお待ちしております。


函館・東日本大震災支援ネットワーク「函館・むすびば」
                 〒040−0053 函館市末広町4番19号
                     函館市地域交流まちづくりセンター内
                        (担当:センター長 丸藤 競)
電  話 0138−22−9700

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:55 | category: 活動内容について |
# 函館・むすびば通信 〜第1号〜
 函館・むすびば通信 〜第1号〜

こんにちは「函館・むすびば」です

私たち「函館・むすびば」は、
東日本大震災及び福島原発事故のため被災を受けた方の支援をすることで、
一人でも多くの被災者の支えになり、
一日も早い復興を実現することを目的として活動しています。

「函館・むすびば」の活動第一弾として7月26日〜8月23日の28日間、
福島県などから避難してきた19家族58名を受け入れ、
「あたりまえの夏休み」を提供する活動をしました。

これからの「函館・むすびば」の活動としては、
函館に避難している方に多くの役立つ情報と繋がる場所を提供できたらと思っています!

みんなでつくる「函館・むすびば」をどうぞよろしくお願いいたします!

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:25 | category: 活動内容について |
# はじめまして

はじめまして、函館・むすびばです。

私たち「函館・むすびば」は、
東日本大震災及び福島原発事故のため被災を受けた方の支援をすることで、
一人でも多くの被災者の支えになり、
一日も早い復興を実現することを目的として活動しています。

具体的には、
 「支える」 「つなげる」 「伝える」 「居場所づくり」
の四つを大きな柱とし、
函館に避難している被災者の皆さんの、
函館暮らしに関する生活相談、
教育や心・体のケア等の各種サポート、
函館市民や様々な活動をしている方々とのつながりづくり、
必要な物や場所、催しや行政のこと各種支援の情報を伝えること、
被災者どうしの横のつながりをつける活動 等をしています。

● リーフレット ●

まちづくりセンターを拠点として活動しております。

【お問い合わせ】

函館・むすびば

函館市地域交流まちづくりセンター
担当:丸藤


〒040-0053
北海道函館市末広町4番19号
TEL 0138-22-9700
FAX 0138-22-9800

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:12 | category: 活動内容について |
Facebook
Comments
Mobile
qrcode
週刊天気予報
Search this site
Sponsored Links