函館・むすびば通信

東日本大震災支援ネットワーク

*函館・むすびばは、北海道NPOファンドからの助成を受けて活動しています。
他、多くの方々のご支援・ご協力をいただきまして、ありがとうございます。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 「津波から命を守る」講演会のお知らせ
こんにちは

今日は講演会のお知らせです

防災気象講演会「津波から命を守る」−20年前の教訓から学ぶー
9月7日(土)13:00〜亀田福祉センターにて(申し込み不要、無料)

講演1「地震・津波の防災情報」 齋藤祥司氏(札幌管区気象台地震情報官)

講演2「津波から命を守るために」 定池祐季氏(北海道大学地震火山研究観
測センター助教)

パネルディスカッション:テーマ「津波から命を守る」−20年前の教訓から
学ぶこと− 齋藤祥司氏、定池祐季氏、甲谷恵氏(北海道危機対策局防災教育
担当課長)、加藤一明氏(函館市立えさん小学校)

http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/eventdata/206931.php

| - | - | 11:57 | category: 函館情報 |
# 函館港まつり5日まで
 函館・むすびばで行った「あたりまえの夏休み」で函館に来ていただいたみなさまに参加していただいた、函館港まつりが今年も5日までの日程で行われております。

むすびばメンバーは代表をはじめ様々な場所で活躍していますよー

http://www.hakodate-minatomatsuri.org/


| comments(0) | - | 14:05 | category: 函館情報 |
# 被災者こども安心基金総会
 

私たち函館・むすびばも協賛している
第1回被災者こども安心基金総会
に出席させていただきました。
(2012年6月8日)

鈴木明広代表
活動は2月1日からはじめ、3月10日のユニバーサル上映映画祭から募金活動をはじめました。

福島県から函館市へ避難している人の9割が
福島市、郡山市、いわき市、白河市など
福島第一原発から30
Km
圏外。

震災、原発事故から2年が経過し「自立」が求められている。
しかし自立と言われてもいきなり自転車の補助輪を取り外されるようなもの。

現地(避難先)での生活に慣れることと生活基盤が
出来ることは違う。避難者はみんな疲れている。

声にならない声を上げていく必要があり、
基金の活動は重要になってくる。福島県をふくむ東日本が広範囲に放射能汚染がされている実態は画像で紹介。



チェルノブイリを東日本大震災にあてはめ

子どもの健康を守る。
離ればなれになっている親子の「絆」を守る必要がある。
家族一緒にごくふつうの生活をおくれるようにしたい
というのが最終的な目標。

函館に避難している人は函館で(福島にもどらせたくない)。
戻ることで(小児甲状腺がんなど)病気になってしまった・・・となると後悔することになる。


 
避難者の状況は自治体で違い札幌は1つの集合住宅に集中し自治会も出来たが、函館は分散していて福島県からの避難者100数十名中、10数世帯しか把握できていない。避難者は経済格差もある。少しでも家計の負担をやわらげたいと基金への協力を訴えました。

 

さらに建設がすすむ大間原発の対岸に住む私たち函館、道南の市民に向けたメッセージとして、「私たちの置かれている状況は大間原発にもつながるもの。放射能の問題は生活のすみずみまで影響する。想像力を働かせる必要がある。そこに気づいてほしい」と

 

基金の当面の目標は500万円
6月7日現在53口、105万6300円

 

参加者自己紹介・質疑より

出席者から…報告であった札幌のような取り組みや支援、鈴木代表・丸藤代表・はこぼー堀代表連名で出した陳情の実現・他自治体で行っているよりよい支援など、函館市自治体職員と協力して研究・実現をしてほしい。と出席3市議に要望されました。


出席者(ボランティアグループはこぼーさん)から…鈴木代表の話にもあった、東日本大震災および原発事故の被災者支援のために活動している市内大中小の団体・個人のつながり(ネットワーク)をつくるために、連絡をとりはじめている。7月中にも集まる場をもちたい。

| comments(2) | trackbacks(0) | 11:09 | category: 函館情報 |
# 函館の「安心基金」
 東日本大震災で道南に避難している子どもの健康診断費用などを助成する
「被災者こども安心基金」に、函館・むすびばも協賛しています

5月21日付道新

今月21日に北海道新聞で紹介されました

寄付に関するお問い合わせは
基金事務局 
090-2984-3752
Eメール ikaodori555@ybb.ne.jp まで

安心基金の郵便局口座
名義「被災者こども安心基金」
口座番号「02770・2・6943」

募金箱設置に協力していただいている団体・個人のみなさまもいらっしゃいます
随時紹介していきます

同基金総会が6月8日午後1時半から
函館市亀田福祉センターで行われます

函館・むすびばとしても参加させていただきます
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:50 | category: 函館情報 |
# 新聞記事から
 



説明もなくごめんなさい
興味のある方はご覧になってください
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:05 | category: 函館情報 |
# むすびばメンバー、長谷川さんの講演
がれき問題
11月26日の新聞で紹介されていました 道南がれき問題を考える会で、函館・むすびばのメンバーでもある長谷川さんが講演。 福島避難者ネットワーク函館の鈴木代表らも発言しています。 がれき問題について参考になると思い掲載させていただきました。
データに誤り
また、23日の新聞にも興味深い記事が載っていましたので紹介します。 函館・むすびばとして行っている、交流会や会議などでがれきについての意見が出ています。 大事な問題ですので今後も意見を伺いたいと思っています。 ですが賛否両論どちらの立場の人とも別な形(函館への短期・長期の移住者支援)について一緒に考えていくというのが、同会の趣旨ですので、がれき問題について結論を出してはいません。 函館・むすびばに関わっている方の活動を紹介させていただいております。 (見逃している部分は多々ありますが・・・)
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:58 | category: 函館情報 |
# 12月2日被災者支援考えようフォーラム
 

本日の北海道新聞より

東日本大震災の被災地復興や、道内で生活する方々への支援について考えるフォーラムが行われます。北海道避難者アシスト協議会主催

函館・むすびば丸藤代表も語ります。

2012年12月2日(日)13時30分〜
ホテルリソル函館(函館市若松町6)

参加無料
定員50人。26日締め切り

申し込み・問い合わせ:主催協議会 筍娃隠院檻毅械亜檻毅械沓
| comments(0) | trackbacks(0) | 05:07 | category: 函館情報 |
# 函館市議会に対しての陳情について。

函館の動き。

5月29日に行われた交流会〜函館市議会議員との意見交換会〜の後に
福島県から函館に自主避難者している方々がつくる『福島避難者ネットワーク』さんが
さらに意見を慎重にまとめ、函館市議会に対して陳情されましたので
こちらでも発表させていただきます。


みなさまの想いが函館市に届くよう
私たちも微力ながらお手伝いさせていただきたいと思います。


***

平成24年6月6日
 函館市議会議長 様

  陳情者
                                   
福島避難者ネットワーク―函館―
 代表 鈴木 明広
函館・むすびば 代表 丸藤 競
北海道避難者受入団体協議会・
 函館ボランティアチーム「はこぼー」
 代表 堀 慎司 


  陳情の趣旨

私達は東京電力福島第一原子力発電所の事故による「放射能」の影響を懸念して福島県から函館市に来た避難者であります。

今回の震災と原発人災に際しては、私たち福島県からの自主避難者にたいして函館市東日本大震災復興支援本部や函館・むすびば・函館市ボランティアチーム「はこぼー」様等のNPOやボランティア団体各位からご厚情を賜り衷心より感謝の意を表します。

さて、我々は、政府と東京電力による非情なゾーニング(区域分け)により、法律で定められる公衆の被曝基準である年間1mシーベルトを超えるにもかかわらず、避難する権利を享受できませんでした。そして、区域外避難者(以下自主避難)として当地へ避難してきました。北海道に避難・もしくは疎開してきた方々の95%以上は自主避難者であるという報道もあります。

自主避難者に対する東電からの賠償は、現時点では一回のみであり大人は一人8万円、18歳未満の子供は60万円というお粗末なもので、私達が望む自主避難者の今後の生活設計を支えるべく長期的な経済的支援とは毫もいえません。
 
そのような環境下では、せっかく命からがら子供を放射能の害から守るために避難してきても、経済的困難から断腸の思いで帰還を迫られた方もおります。現在、国会では超党派による避難者の権利作りのため恒久的立法が進められております。

 しかしながら私達自主避難者は、各自模索しながら函館で日々の生計を立てて行かなければならない「まったなし」の境遇にあり、生活は逼迫しております。

 原発人災事故から1年3ヶ月が過ぎ、初めての厳冬を乗り切り、私達は「帰郷」への思いを断ち切りながら幾星霜かを函館の地で過ごす重い決断をしました。私達の今後の生活環境の向上をめざし、憲法25条の生存権―「最低限度の生活を営む権利」―を具現化し、私達の子供を将来函館や道内で活躍できるような人間に育て上げるためにも、ぜひ下記の請願内容を市議会でご採択されますよう切望するものであります。

 


陳情内容

 

1, 生活再建ならびに自立にむけた支援をお願いいたします。

(1)  住居の確保 災害救助法による民間等借り上げ住宅制度が打ち切られるH.25年3月31日以後、市による3年間の同様制度の実施

(2)  雇用の援助 避難者の資格取得を助成する厚労省の高等技能訓練促進費のような制度の市による実施

(3)  雇用の相談の充実

(4) 起業の援助 避難者で自営業を営みたいと欲する者への資金援助

 

2, 健康・医療と教育の扶助をお願いいたします。

( 1 )   就学援助を受ける条件の緩和 自主避難者はほとんど二つ竈生活で、一般会社員等の単身赴任家庭と比べると家計の圧迫度が高いので、査定所得は函館に生活する親権者の所得を基準として運用、H.24年度分は4月に遡及してからの弾力運用

(2)   保育園・幼稚園料金の減免措置 若い世帯の母子・父子避難の生活は逼迫しているのでそれぞれ3ヵ年延長

(3)  甲状腺検診 甲状腺検査は大人と子供いずれも無償化

(4)  小児の甲状腺エコー検査と細胞検診を行える医療機関が函館に少ないので、斡旋・紹介をして定期的検診の無償実施

(5)  尿検査   放射能の尿検査(検出限界値が低く高精度)を大人・子供ともに無償化、とりわけ子供には定期的な検査の実施

(6) 給食の放射能検査  放射能の感受性が大人の数倍あるといわれる子供の無用な内部被曝を避けるために、ベクレルモニターで毎給食ごとの数値の公表。
(検出限界値が1Bq/kgまで測れる機器使用)

(7) 原発事故汚染地域の食材使用制限   給食に使う食材の地産地消を中心にして季節外れの野菜等は汚染度が低い西日本の物を選択

 例 オーストラリア【規制内容】福島、群馬、茨城、栃木4県からの全食品の輸入を停止しています。EU=ヨーロッパ連合は、東京・福島・群馬・茨城・栃木・岩手・埼玉・東京など1都11県東京電力福島第一原子力発電所の事故後から続けている日本の食品に放射性物質の検査を義務づける輸入制限措置について、ことし10月末まで延長することを決めました。


以上 

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:10 | category: 函館情報 |
# 函館市内にて、[いわきナイト]開催中♪

函館市内にて、[いわきナイト]というイベントを開催しておりますのでご案内です!

函館・むすびばの副代表でもある大野が経営しているフリースペース&cafe“小春日和”で開催中です。



【内容】

福島県いわき市で活躍するイラストレーターとカフェとがコラボしたイベント
「いわきナイト」が、北海道函館市で、二週間の日程で開催されます。

福島クリエイターズのイラスト展示販売やポストカード販売をはじめ、
いわき市で誕生した移動カフェ「Clover Cafe」のコーヒーやラテの販売があります。



「いわきナイト」
日時:2012年4月2日(月)〜15日(日)18:00〜21:00
場所:むげん空間&cafe 小春日和(函館市八幡町18-18)→MAP



お問い合わせ:小春日和 まで。
tel:0138-83-7721



♪お待ちしておりま〜す♪

| comments(0) | trackbacks(0) | 07:55 | category: 函館情報 |
# 函館港まつり

こんにちは、函館・むすびばです。

あたりまえの夏休みが始まってすぐ、
大きなお祭りがあります。

函館港まつり 8/1 〜 8/5

花火大会や、おみこし、YOSAKOI、青森ねぶたなども見られます。
日程はこちら
http://www.hakodate-minatomatsuri.org/


中でも「イカ踊り」は1万人以上が参加する大パレード?です。
子供から大人まで、市民も観光客も誰でも参加できます。

振り付けは簡単です。
その場ですぐ覚えられると思いますが、
動画サイトなどに投稿されている方もたくさんいるので、
「イカ踊り」で是非検索してみてください。

市内の盆踊りでもイカ踊りタイムがあるそうですよ。
湯の川地区にも盆踊り会場があるので、ご参加ください。
日程を調べています。のちほどご連絡しますね。

お祭り期間中は、屋台や夜店がたくさんでます。
是非、お子さんと一緒にお出かけください。

| comments(0) | trackbacks(0) | 01:27 | category: 函館情報 |
Facebook
Comments
Mobile
qrcode
週刊天気予報
Search this site
Sponsored Links